• Unkochan-staff

家具的 三種の神器?



こんにちは。 ウンコちゃんの家具屋さん八尾本店スタッフです。

時々、私的な家具ガイドをしていこうと思います★

毎週 10t トラック2台分のアウトレット商品が入れ替わるウンコちゃん。

最近、新築やリノベーションなどの大口購入のお客様もよくご来店いただけます。

インテリアコーディネートのできるスタッフが数名いるウンコちゃんですが、

お客様の声で、予算に対してどのバランスで家具を揃えれば良いかな?と

ご相談をうけます。

家具的 三種の神器? 

少し奮発しても良い★3つの家具選びのマストポイントを解説したいと思います。

1)ベッドマットレス

ベッドは365日、睡眠時間を共にする家具です。

上質な睡眠をとる事で、生活の基礎となる体力を回復、リセットし、

体調のバランスを整える一番実用性の高い家具ではないでしょうか?

また、一度購入すると5年以上使用する方が多く、

日割り計算で考えると、しっかりと良いものを選ぶべきだと思います。

ボンネルコイルマットレス、ポケットコイルマットレスこの2種が主流ですが、

ボンネルコイルはスプリングをらせん状に連結させた構造。

安価で、面で体重を支える構造です。

ポケットコイルはスプリングを袋に入れ柱状に並べた構造。

価格レンジも広く、点で体重を支える構造です。

一昔前、高価だったポケットコイルは、非常に値段が下がり、

高密度コイル、ウレタンとの組み合わせや、コイル2層式

固めと柔らかめのスプリングの組み合わせなど様々なバリエーションがあります。

ベッドの専門知識を持つベッドマイスターのお話で、

女性は体の凹凸が男性より大きいので、

気持ち柔らかめをチョイスするのが良いとの事。

男性は女性に比べて体重が重く、体の凹凸が少ない為、

柔らかいマットレスは沈み過ぎ、肩コリや腰痛の原因になるそうです。

男性は少し固めをチョイスするのが良いそうです。

私も若い頃は安いマットレスで寝ていましたが、

少し奮発して(高密度ウレタンとポケットコイル合せマットレス)を使用していますが

肩コリや腰痛が軽減され、しっかりと質の良い睡眠を取れるようになりました。

ウンコちゃんでは常時、30種類以上の質の良いマットレスを、

特価にてご用意しております。

ベッドは様々な特性があり、細かな話になると話が長くなりますので、、

ご来店頂き是非スタッフにご相談ください。

私的ですが、10万円の予算でベッドを選ぶなら、

まずマットレスに重点を置いて選び、残りの予算でフレームを選ぶ。

7:3~6:4ぐらいの割合でマットレス選びに重点を置いても良いのでは?

参考までに★

2)ソファー

こちらも日常で使用する時間が長く、お部屋の第一印象、

イメージやカラーを大きく左右する家具の一つです。

ウンコちゃんでも一番力を入れているのが、ソファーのバリエーション。

国内、海外メーカーの定価2万円台~50万円ほどのソファーを、

アウトレット価格20~80%オフにて常時100台ほどご用意しております。

"ファブリック"、"本革"、"合皮"、素材で大きく分けるとこの3種類となります。

ファブリックはお手頃価格で、さわり心地、デザイン、

カラーバリエーションで選択肢も多く、

特にデニム素材のソファーはウンコちゃんでも一番の人気商品です。

ただ耐久性には限界がある為、定期的な買い替えを想定し、

3~5年で買い替えのイメージが良いのではないでしょうか?

お子様や、ペットのいるお家で、傷や汚れが、、

というお客様は定期的な買い替えがオススメです。

本革はソファーの王道。

お部屋に高級感を演出でき、しっかりとした座り心地は、

本革でしか味わえないものです。

本革でも様々なランクがありますが、定価で20万円以上のお品ですと、

10年以上使い、大切に育てる感覚でご使用頂けると独特のビンテージ感、

味わいが出てくると思います。

お部屋のシンボル的な感覚で奮発するのも良いですね。

合皮は何と言ってもお手入れの楽さが売り。

ただ、通気性が無く、さわり心地はイマイチ。。でしたが!

最近では機能性を高めた合皮が新素材が出現し、通気性があり、使いやすさと、

さわり心地の良さで非常に人気です。

アメリカン、モダン、北欧などなど、造りたいお部屋のイメージに合せて、

座り心地や、素材感を吟味してみてください。

想定より1ランク上のソファーを使うと、お部屋の質感も1ランク上がりますよ★