• マイキー

UNKOCHANオススメのお二人用ベッドフレームをご紹介!ツイン・ダブル・クイーン・キングの違いも解説します。


どうもUNKOCHANのWeb担当マイキーです🖥



すっかり春らしい日々になってきましたね!「春眠暁を覚えず」と有名な詩にもあるように、眠るのが気持ち良い季節です。



そして春になり、卒業&入学や会社の異動などで、新生活がはじまるという方も多いと思います。



そんな新生活の準備で、何としても一番に整えておきたいのが、『寝室』ですよね。



『睡眠の質=生活の質』とも言うぐらい、良い睡眠が取れれば、毎日を元気に過ごすことができます。



自分のお気に入りの場所として、落ち着いて寝ることができる寝室は、新生活で疲れたあなたを、心身ともに癒してくれるはずです。



本日のブログでは、ご夫婦の寝室や、パートナーとの寝室にオススメな、『二人用のベッドフレーム』を紹介します。



『パートナーの夜中のお手洗いで目が覚めてしまう』や、『ちょっと狭い』など二人用のベッドも、使ってみるといろんな不満が出てくることも…



長い年月をともに過ごす仲なので、お互いが満足できる睡眠を取れるような環境を整えたいですよね。



まずは、『ツイン』『ダブル』『クイーン』『キング』など、それぞれのサイズや選び方について解説します。



そして、最後に各サイズのオススメベッドフレームを紹介します。



ぜひ最後まで読んでいただいて、お二人がゆっくり眠れるベッドフレームを見つけてくださいね〜


お二人用のベッドサイズの選び方

Photo by Toa Heftiba on Unsplash


まずはどのようなベッドサイズがあるかを把握しておきましょう。



ベッドは大きな買い物なので、頻繁に買い換える訳ではなく、長い付き合いになります。



そして、長い時間身体が触れている家具で、一番リフレッシュできる時間を与えてくれる家具です。



二人でゆったりリラックスできるサイズを選びましょう!


『ツイン』『ダブル』『クイーン』『キング』それぞれのメリットデメリット

二人向けのベッドサイズは、大まかに4種類あります。



お二人で相談して、ぐっすり眠れるサイズを検討しましょう!



ほとんどのベッドフレームの縦方向は、195cm〜200cmです。



身長が190cm以上の方は、特殊サイズになりますが『ロングタイプ』も検討してみましょう。


シングル×2のツインサイズベッドのメリット・デメリット

ツインサイズは、シングルサイズのベッドを二つ、すこし間を開けて配置しています。ホテルのお部屋にある『ツインルーム』というのと同じですね。



UNKOCHANがご夫婦の寝室に一番オススメしているのは、この『ツイン』サイズのベッドです。



最大のメリットは、就寝中にお互いに影響を与えないことです。



ベッドが独立しているので、『夜中のお手洗い』や『よく寝返りをする』『寝相が悪い』などの迷惑をかけません。



二人のうちどちらかが、『眠りが浅くてすぐ起きてしまう』場合なんかは、このツインタイプのベッドがオススメです。



ただし、離れているので『せっかくの新婚生活なのに!』なんて言う場合もあるかもしれません。