• マイキー

シングルベッドからキングサイズベッドまで!UNKOCHAN FURNITURE STORE AMAGASAKIからオススメのオシャレなベッドを紹介


UNKOCHANのWeb担当のマイキーです📸



家具の中でも、圧倒的に『使っている時間』が長いのがベッドです。



理想とされている8時間睡眠だとすると、人生のうちの3分の1をベッドの上で過ごすことなります。



そんなとても長い時間を共に過ごす家具を選ぶ上で、迷うポイントも多いですよね。



寝室の雰囲気が決まるベッドフレームのデザインから、身体に合わせた性能のマットレスまで、迷うポイントがたくさんあると思います。



この記事では尼崎にオープンしたての、UNKOCHAN FURNITURE STORE AMAGASAKIの2Fのベッドコーナーから、オススメの商品をいくつかご紹介します。



「ベッド下に収納が欲しい」

「ベッドボードにコンセントや収納が欲しい」

「圧迫感の無い寝室にしたい」

「究極の寝心地の良さを求めたい」

などなど、ベッドに関する要望はそれぞれあります🛌



そんな要望に答えられる品々を紹介していくので、ぜひ最後まで読んでくださいね〜✌︎



展示しているベッドのサイズを書いていますが、それぞれサイズ展開があるので、気になる商品があった方は、ぜひお問い合わせください!



お問い合わせページはこちら


インスタグラムではライブ配信でオススメ家具をご紹介しています


ウンコちゃんの家具屋さんの尼崎店では、毎週木曜日にInsta TVでライブ配信中です。



このブログで紹介するベッドは、今週のインスタライブで紹介していたベッドなので、動画でみたい人はぜひご覧くださいね〜


Instagramをやってない方には、アーカイブをYoutubeにも挙げているので、ぜひご覧ください!



これからもオススメ商品を紹介していくので、是非フォローしてくださいね〜!


便利な機能をしっかり抑えつつ、間接照明がオシャレなセミダブルサイズのベッドフレーム

最初に紹介するベッドフレームは、木目のデザインとベッドボードの間接照明がオシャレな一品です。



落ち着いた見た目でデザインも良いですが、収納やコンセントなどもしっかり備えており、便利に使える一台です。



収納やベッドボード周りの機能が充実しているベッドフレームを探している方にオススメです。


まずマットの下部分に、引き出し収納が二つ付いています。


そしてベッドボードには、寝る前の読書などにも使える間接照明があります。

さらにコンセントも付いているので、毎日欠かせないスマートフォンやタブレットの充電などにとても便利です。



スマートフォンをアラームとして使われている方も多いと思いますが、枕元にコンセントがあると便利ですよね。


このベッドボードの部分は貫通しているので、メガネを置いておいたりしても、寝ている間に触ってしまう心配も無いですね。



マイキーは寝ている時に喉が乾きガチなので、ここにお水なんか置きたいですね。

さらに、ベッドボード横が棚のようになっているので、寝る前に使う化粧品や、読みかけの本、ティッシュケースなどをしまったりできます。



この棚は反対側にもあるので、二人で使うと、それぞれの個人スペースにできちゃいますね。

細かい部分ですが、日常の生活の中でとても便利な気の利いた仕様です。



オシャレな見た目かつ機能面で、快適に使えるベッドフレームをお探しの方にオススメしたい一品です。


柔らかめのポケットコイルマットレスで、腰部分に硬めのコイルを配置して、身体をバランスよく支えてくれる

上のフレームとセットで展示されているこちらのマットレスは、ポケットコイルタイプのマットレスで、腰あたりの真ん中に硬いコイルが配置されています。

ポケットコイルはしっかり体重を分散でき、体全体を沈みこむように支えてくれます。


そこで、体の一番重い部分である腰の部分にサポートが入ることで、腰だけが大きく沈んでしまうのを防いでくれます。

結果的に立っているような自然な姿勢で眠ることができるので、快適な睡眠を得ることができます。



マイキーがお店の展示品で寝転んでみたところ、全体的には包み込むような柔らかい寝心地でしたが、腰の部分には安定感がありました。



柔かい寝心地でも、沈みこみ過ぎてしまうのが嫌な方や、腰痛持ちで腰のあたりが気になる方は、一度寝転んでみて試して欲しいマットレスです。



二人で寝ても広々寝れるクイーンサイズながら、お部屋の圧迫感を抑えたロータイプのベッドフレーム

続いて紹介するはクイーンサイズのロータイプのベッドフレーム。



クイーンサイズは、ダブルサイズよりもう一回り大きなサイズで、幅160cmです。



この大きさになってくると、お部屋に置いた時の圧迫感が気になるところなんですが、このローベッドなら、遮るものが少ないので広々とした印象を与えます。



ベッド自体も低く、ベッドボートも低めになっています。


とても低いのが分かってもらえると思います。



ベッドボードにはコンセントと照明が両サイドに一つづつ付いているので、機能面でも十分です。



ロータイプのベッドフレームは、とりあえず部屋の圧迫感を無くしたい方にオススメできます。



マイキーが昔使っていたベッドは、ベッド下の収納が大きかったんですが、その分高さがあって、すごい圧迫感でした。


「寝室はあまり広く無いけど、大きいベッドで寝たい」という方は、少しでも圧迫感を減らすことのできる、ロータイプのベッドをぜひ検討してもらいたいです。



ハードタイプのポケットコイルを使用したクイーンサイズのマットレス

先ほどのマットレスと同じポケットコイルですが、よりコイル数が多いHardタイプのマットです。



UNKOCHANでは、ローベッドには、硬めのマットレスを組み合わせています。



ローベッドから立ち上がる時に、柔らかいマットレスだと、お尻が沈み込んでしまい、立ち上がるのがとても大変になるからです。

ハードは固いながらもポケットコイルの点で支える感覚がつよいです。

マイキーが店舗で寝転がってみた所、ハードなので固めの寝心地なんですが、ポケットコイルなので、身体の部位に合わせて重さを支えてくれます。



固めのマットレスだと、よりリーズナブルな価格のボンネルコイルの寝心地を想像される方もおられると思いますが、また一味違うものでした。

お子様向けにも人気。白い木目のフレームが可愛いシングルベッドとボンネルコイルマットレスの組み合わせ