• マイキー

オシャレで使いやすいキッチンを実現してくれるユニットタイプのキッチンボード


どうもUNKOCHANのWeb担当マイキーです📷



外食する機会もグッと減って、おウチで食事をとる機会も増えたのではないでしょうか?



マイキーも、昨年の緊急事態宣言中には、ラーメンが食べた過ぎて、豚骨ラーメンをスープから作ったりしていました!笑



ラーメンきっかけで、ちょいちょい僕も料理をするようになって気づいたんですが、食器をしまったり、レンジを置いたり、ちょっとした作業も行うキッチンボードの使い勝手はすごく重要ですよね。



そして使いやすいキッチンボードは、ご家族の人数や、食器へのこだわり具合、良く作る料理の種類なんかによって、十人十色だと思います。



そこで今日は、様々なユニットの組み合わせで、あなたにあったキッチンやダイニングを作れるアイテムを紹介します!



オシャレさと機能性を両立したキッチンボードなので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね~。


木材の風合いを活かしたオシャレなデザインと、高い機能性を両立したキッチンボードGeorge

引き出しの前板の木目や、無骨なスチールの取っ手がカッコ良いですよね。



さすがのデザインは、UNKOCHANでもたくさんのアイテムを取り扱いしているCRASHさんです。全体のデザインから、取っ手やネームプレートなどのアクセントとなる素材を選んでいます。


真鍮のネームプレートが良い感じのアクセントになっていて、上品な雰囲気もあります。


そして製造は、CRUSHの本拠地がある福岡県大川市の老舗メーカーが担っています。大川市は”家具の町”として有名で、たくさんの家具メーカーがあります。



そんなコラボのおかげで、オシャレさと使いやすさを両立したキッチンボードが生まれました!



インダストリアルコーディネートや、ヴィンテージなど、キッチンやダイニングルームをオシャレな空間にしてくれます。


ウォールナットカラーで落ち着いたデザインの兄弟商品リンカーン

こちらはジョージと同サイズ・同機能で展開している兄弟商品のリンカーンです。



さらにヴィンテージテイストが強くなったウォールナットカラーの濃い目のブラウンで、ジョージより落ち着いた印象ですよね。

取っ手のスチールパーツが角ばったアイテムに変更されており、ネームプレートもついていません。


また、リンカーンはガラス戸がモザイクガラスになっています。



全体的に落ち着いた大人っぽい雰囲気なリンカーンですね。



見た目や細かいパーツの違い以外の機能性や、サイズ展開は同じです。



この二つはあなたの好みやお部屋の雰囲気に合わせてチョイスしましょう!



そして、見た目だけではなく、機能性も高いのがこのジョージ/リンカーンです。



サクッと動画で使用シーンを再現してみました~


詳しくは画像付きでじっくり解説していきます!



たっぷり収納とたくさんの機能で日々の料理を快適にしてくれるキッチンボード

つづいては、ジョージの機能面での良いポイントを紹介していきますね!



たっぷりの収納や、国産メーカーならではの、日本の生活スタイルに合わせた機能の数々。



そして、「こんなんあれば良いな~」という機能も追加された、とても使いやすいキッチンボードです。


大家族や食器がたくさんあるおウチでも安心のたっぷり収納

まずは上段の扉から。このキッチンボードはサイズ120cmのモノです。3段分たっぷり収納があります。



収納部全体の高さが50cmで、中の2枚の棚板は高さが調節できます。



高さは200cmあるので、上の部分には使用頻度の低い食器や調理器具をしまいたいですね~


地震での飛び出し防止のパーツもしっかりついています。



関西では、阪神大震災以降、キッチンボードは引き戸の需要がすごく伸びたそうです。こちらは振動を探知すると扉が開かなくなるタイプなので安心ですね。

この上台部分の扉は、ガラス戸のタイプも選べます。写真はリンカーンの方なので、モザイクガラス仕様です。しぶい。


続いて下台の収納です。しっかりしまえる大容量の収納が3段!



そして、この引き出しは、食器などを入れても振動で割れてしまうことがないように、ソフトクロージングを採用しています。

引き出しをしまうときの最後は、勝手にスーッとしまっていくイメージです。6秒の短い動画なので、ソフトクロージングをご存じなかった方はぜひチェックしてください!



マイキーは、はじめて触ったときに「高級感」を感じました。



なんでも耐久性と滑らかさに定評のあるドイツ・ヘティヒ社の”クワドロレール”という引き出しのレールを使っているだそうです。


引き出し本体は、清潔感を保つシートでコーティングされています。



調味料や食材のストックにも安心して使用できますね~

幅120㎝タイプには、炊飯器にちょうどなサイズのスペースがあり、その下にも引き出し収納があります。



ご家族が増えたり、こだわりの食器がたくさんあったりすると、キッチン周りの収納はいくらあっても困りませんよね~。


便利に使えるペグボードを搭載したオープン作業スペースや機能十分炊飯器コーナー

有孔ボードやパンチングボードなどとも呼ばれるペグボード。市販のフックなどのパーツを使えば、あなたの使いやすいようにカスタムすることができちゃいます。



左上についているタオル掛けも、左右の取り付け位置を選ぶことができます。

コーヒーマシンやフードプロセッサーなど、コンセントを使う調理器具はたくさんありますよね。


オープンスペースには左右にそれぞれのコンセントがあるので、困ることもありませんね。



さらに、日本のキッチンに欠かせない”炊飯器コーナー”。

ヴィンテージ家具だとこんなスペースはまずないので、ヴィンテージな雰囲気にも合わせられる現代の家具のメリットですよね。