• マイキー

【実践】オイル仕上げのダイニングテーブルをオレンジオイルを使ってメンテナンスしてみました!


どうもUNKOCHANのWeb担当マイキーです🖥



UNKOCHANでも、オイル仕上げの無垢材を使った家具は人気のアイテムです。



オイル仕上げの良いところは、なんと言ってもその「触り心地」ですよね。



木の繊維に染み込んで保護してくれるオイルは、木の質感をそのままダイレクトに感じることができます。



しかし、「いつの間にかパサパサしてきた」ともなりがちなのが、デメリットでもあります。



他の仕上げ方法とは違い、オイルが乾燥してしまうと、木の表面がパサパサ毛羽立つような感じになってきてしまいます。



しかし、そんなパサついてきた無垢材家具も、簡単なお手入れで蘇らせることができます。



小さな傷や染み、汚れなども落とすことができるので、とてもキレイになりますよ!



UNKOCHANオフィスの休憩用のダイニングテーブルが、オイル仕上げの無垢材です。購入後2年弱程経っていて、パサついていたのでメンテナンスを実践してみます。



家具についてはほとんど素人のマイキーがメンテナンスできたので、間違いなく皆さんでもできますよ!(ちょこっと失敗もありましたが…)



必要なモノから手順まで、動画も交えながら分かりやすく解説していくので、ぜひ読んでいってくださいね。



あなたのお家のオイル仕上げの家具も、メンテナンスをすれば、きっと新品の時のような触り心地を取り戻せますよ〜。



せっかく丈夫な無垢材の家具、長く大切に使ってあげましょう!


オイル仕上げの家具の手入れに必要なものを紹介

今回使ったものはこれだけです!左上から


  • 紙ヤスリ(#240 #400) 1枚約40円

  • ウエス(綿100%の古い服でもOK) 1kgで約600円

  • ハンドサンダー(紙ヤスリ挟むやつ) 約1,500円

  • HOWARD Orange Oil←UNKOCHANでも販売中のオイル


こんだけで十分キレイになります。



オレンジオイル以外は、マイキーが当日にホームセンターで買って来たモノなので、どこのホームセンターでも売っているモノです。



ウエスはわざわざ購入しなくても、お古のTシャツなどを使いやすい大きさに切って使ってもOKです。綿100%の服を使いましょう!


紙ヤスリとハンドサンダー

紙ヤスリは必需品ですが、ハンドサンダーは無くてもできます。



平面部分が少ないダイニングチェアや、ソファの肘おきだけなどなら、必要ないでしょう。



しかし、今回のダイニングテーブルやチェストなど、ヤスリ掛けする面積が大きい場合は、最初に購入しておいた方が楽チンですよ〜



適当な大きな木材などを『当て木』として代用することもできます。



「お家の家具はオイル仕上げの無垢材だらけや〜」という方には、電動のサンダーを購入しちゃうのもオススメです。4,000から1万円くらいなので、時間を節約できることを考えれば、アリだと思います。



とまあ、今回はハンドサンダーと紙ヤスリでメンテナンスしていきます!



ウエスは3枚必要です

左から、オイル拭き取り仕上げ用、オイル塗り込み用、木屑除去用と3枚使いました。



ちょうどTシャツ一枚分ぐらいですかね?



最初に水拭きするので、それを合わせると4枚必要ですが、水拭きはいつものフキンで大丈夫です。

ウエスにオイルを染み込ませて、伸ばすのに使います。


余分なオイルをふき取る仕上げ用にも、キレイな一枚が必要です。



自然由来成分を使ったオレンジオイル

オレンジオイルは、UNKOCHANのお店はもちろん、無垢材の家具を扱っているお店なら置いている所もあるはずです。



HOWARD社はアメリカの家具のお手入れ材の老舗です。アメリカンヴィンテージの家具を手入れするなら、このメーカーで間違いありません。



もちろん国産のオイル仕上げの無垢材にも使えます。



今回は、直径110cmの丸いダイニングテーブルをメンテナンスしましたが、オイルはほとんど減りませんでした。10プッシュしないぐらいでした…



天然のオレンジオイルの良い香りと、良く伸びるオイルはとても塗り込むのが楽しかったです。



半年に一度オイルを塗り直しても、10年は持つんじゃないかな〜という量です。